榎木孝明の近況や日々感じた事柄を文章にして、毎月更新しています。
榎木孝明

2024年2月1日 夢を追いかける

 昔から、夢を見たら目覚めてすぐに夢日記と称してそれを書き記して来ましたが、そんな夢の世界の不思議さが面白くてたまりません。夢ほど摩訶不思議な物はなく、自分の見る夢はそのほとんどが奇想天外の楽しい夢なので、ワクワクと心躍る想いで目が覚めることもしばしばです。

 なぜ夢日記を書くのかというと、夢は見た直後に書かないと、その内容を忘れるのも早く、少しでも自分の記憶に留めたいが為です。そしてその夢を書きながら自分の記憶をたどる行為が、脳の活性化に多少なりとも繋がるのではないかと期待を持っていること。そしてもう一つの理由は、人間の持つ無限の可能性を追求したい私は、夢を見ることそのものに無限の可能性の片鱗を感じるからに他なりません。

 夢の世界は未だにほぼ何も解明されていないと言っても過言ではありません。こんな身近にこれ程の未知の世界があると言うだけで楽しくなります。この深淵な世界はよく分からないからこそ、自分の想像力を膨らますにはもってこいです。人間の本質は魂であり、肉体はあくまでも借り物であると思っている私には、まさに打って付けの題材がこの夢の世界観です。

 人の想像力は神様からの贈り物だと思います。人間として生きる全てが“現象“であると想像力を膨らませれば、人生に何が起きようともすべての問題は解決してしまうことでしょう。人間としての体験が魂の学びの場であるならば、生きることの意味がよくわかり、人生が楽しくなります。夢と現実の狭間にはそれを解き明かす大きなヒントがあるかもしれません。今日も私の夢日記は続きます。

榎木孝明

ページトップへ戻る